いけばな華贈り オリジナル花袋 作りました

このたび、当社オリジナルの花袋を制作致しました。

その目的は、 『和・いけばなのある暮らし ~ エコバッグ“花袋”をひろめたい』です。

560年続く華道いけばな。
日本人がいけばなを通して、四季折々のお花を愛でて表現し、
世界的に誇れる素晴らしい文化を継承してきたことを再認識し、
600年、700年、1000年と日本伝統文化が続いていくことを願っています。

これまで、10回以上にわたり、「いけばな華贈り 未来会議」で、SDG'Sと華道いけばなについて、議論を重ねてきました。
お花とは直接かかわらない方々にも、多くの貴重なご意見をいただきました。

また、華道いけばなにあまり関心のなかった方々に向けて、子供からおとなまで、いろいろな企画も実施してまいりました。
華道いけばな全盛期をご存じの方々は、今や、70代・80代とかなり高齢化しています。
つまり、今、小学生や20代、30代の親御さんたちも、いけばなを見たこともない世代となってしまっているのです。

一方で、コロナ禍で、お花に関心のある方も増え、これまで購入したことがなかった人も、草木を手にするようになりました。

実は、世代、性別、属性すべてを超えて、コミュニティを拡げることができるのがいけばな。
それを具体的に、実現することこそが、いけばな華贈りの活動です。

今回、新しい商品を作りました。

「いけばな華贈り "花袋"」です。

 

 

【特徴】

・お花屋さんで長い草や花をそのまま持ち帰れる、三角の新しい形のエコバッグ
・ペットボトルを再生した最新素材、re-petを採用
・カーボンオフセット(二酸化炭素排出削減のための植林プロジェクト)への取組みに参加
・リボンをボタンホールに通すことで、お好みや、季節、気分で色味の変化を楽しめる

 商品のURL:https://ikebanavalue.com/archives/1763

 

【発売開始】 

現在、生産中です。2022年11月より、発売開始予定です。

 

 

 

© 2022 いけばな華贈り